人気のマンション経営|不動産投資で将来設計バッチリ

スーツ

相続税の増税

家

投資先の選定

昨年から日本では相続税の増税が実施されています。バブル崩壊以降下げ続けていた不動産価格は都市部では上昇傾向を示して来ているので、増税の影響は少なくはありません。こうした背景から金融機関や不動産業界では不動産投資セミナーを開催して資産家の参加を呼び掛けています。従来は行き過ぎたと言われていたほどの円高によって不動産投資セミナーの対象物件に海外の物件が多かったのですが、最近の大幅な円安によって不動産投資セミナーの対象物件は国内の物件が多くなっています。また業界が超繁忙となっており、建設コストの上昇によって国内物件が少なくなっているうえ、国内物件には海外の投資家からも大量のオファーが来ているので取得の競争が厳しくなっています。

保有資産の活用

不動産投資セミナーでは保有資産の活用もテーマになっています。不動産を事業用で活用することで相続税の計算根拠となる評価額を大幅に引き下げることが出来るからです。不動産の活用は立地にもよりますが、一番一般的なのがアパートやマンション尾建設です。日本は少子高齢化によって今後人口の減少が見込まれておりますが、単身世代の増加や高齢者が自宅を持て余すようになっていますので、立地によっては十紡な事業とすることができます。アパートやマンションは管理が難しくないうえ一括管理を受託する業者も多く存在しますので安定した収入を確保することが可能です。建設資金を金融機関からの借り入れで調達すれば節税メリットが大きくなります。