人気のマンション経営|不動産投資で将来設計バッチリ

スーツ

少子高齢化の進展

住宅

立地条件による選択

昨今、少子高齢化が進展していますので賃貸経営が難しくなってきています。しかしながら首都圏一極集中の影響で首都圏では依然として人口の増加が継続しています。特に仕事を求めての生産人口の増加が顕著となっています。日本では昨年から相続税の増税が実施されましたので節税のために賃貸経営のための建物の建設が増加しています。賃貸経営では家賃相場の推移がカギを握ります。家賃相場は建物の築年数と駅からの距離に大きく左右されます。立地条件の良い不動産を保有していれば賃貸経営で安定的な家賃収入を獲得することが可能です。都心では単身者やDINKSが多くなるので家賃相場が高くても入居者を集めることは可能となっています。

サブリースのメリット

最近は郊外型のマンションの売れ行きが伸び悩んでいるため郊外での供給が減少しています。したがって郊外でも賃貸経営のためのアパートやマンションが不足しています。家賃相場は都心に比べると大幅に低くなりますが、ファミリー層のニーズが高くなっています。ファミリー層は流動性が少ないので一度空室になると新規を探すのに時間がかかるというリスクが存在します。また安定収入を確保するためにはサブリース方式を選択するのも有力です。サブリース方式では全体の収入は少なくなりますが、その分リスクを軽減することができます。サブリース契約では一般的に見直し条項が組み込まれますが、期間を長くするために手数料を厚くすることは重要な選択肢となります。