人気のマンション経営|不動産投資で将来設計バッチリ

スーツ

不動産経営

建築

不動産経営のサービス

サラリーマンの副業として、不動産経営を行う人が増えています。例えばワンルームマンションを購入して、そこを賃貸に出すという方法です。ワンルームマンションを購入する際にローンを組んだとしても、家賃収入が月々の返済分を上回っていれば、その差額が自分の収入となるというわけです。ただこの場合、借りる人が見つからず空室の期間も、月々のローン返済が必要となります。そうすると、家賃収入が無いのにローン返済はしなければならないという状況に陥るため、経済的に苦しい状況になることがあります。そのような状況を回避するために出来たサービスが、家賃保証です。これは、借りる人がいなくても、一定の家賃保証が得られるというサービスで、不動産管理会社などが提供してるものです。

どのように家賃確保するか

サラリーマンが副業として不動産経営をする場合に、多くの人はローンを組んでマンションの一室を借りて、それを賃貸に出して家賃収入を得ることになります。しかしこの方法では、借りる人がいる間は良いのですが、空室になった途端に収入がゼロになってしまうというリスクがあります。つまり100かゼロかという、極端で不安定な状況が避けられません。これを回避するには、多くの部屋を所有するか、アパート一棟所有するという方法があります。そうすれば、仮に一室空室になっても、他からの家賃収入が見込めるからです。ただしこれを実現するには、相当の投資をしなければなりません。それが出来ない人はどう工夫するかというと、家賃保証などのサービスを利用することが勧められます。家賃保証によって、ローン破産などのリスクを回避できるというメリットがあります。