人気のマンション経営|不動産投資で将来設計バッチリ

不動産

少子高齢化の進展

住宅

相続税の増税によって賃貸経営を行う人が増えています。賃貸経営は立地が重要でその地域のニーズに即した建物を建設する必要があります。賃貸経営は周辺の家賃相場で事業を組み立てることが出来るので安定的な収入に繋がります。

詳しくはこちら

相続税の増税

家

相続税の増税が昨年から実施されたので金融機関等による不動産投資セミナーが数多く開催されています。事業用資産に投資をしたり保有資産を事業に使用することで節税を図ることが出来ます。金融機関からの借り入れで調達すると更にメリットが生じます。

詳しくはこちら

不動産経営

建築

不動産経営をする人が増えています。ワンルームマンションの一室を所有し、賃貸に出した場合、空室になると家賃収入が途絶え、ローン返済に支障が出ることがあります。それを防ぐには、沢山の物件を所有することの他に、空室でも家賃保証してくれるサービスを利用するという方法があります。

詳しくはこちら

把握したい知識

集合住宅

マンション経営をされる方については近年においてはサラリーマンの方が多くなってきています。サラリーマンのかたが兼業をされるきっかけは様々でありますが、勤め先の勤務先の移動なども一つのきっかけになると思います。忙しい部署から少し楽な部署へ移動となれば時間に余裕が出てきます。こうした時間を利用する方もおられます。マンション経営はこのようなきっかけで行う事となります。サラリーマンの方だと副業として大いに家計の助けになると見込んでマンション経営をされると思います。このように不動産投資も様々ですがマンション経営も不動産投資と言えます。少し違うところは不動産は返済が全て終えると自身の資産となることであります。

マンション経営をうまく行うには経費の削減だと思います。賃貸マンションの場合は経費にリフォーム費用などの経費などの多彩な経費が必要となりますのでこの辺りをどれだけ少なくできるかであります。マンション経営で一番困ることが空き部屋が出ることです。この空き部屋分の収入分を自分で補うことになるからです。そうした場合は家賃収入の減った分を経費削減しなくてはかなり経営がしんどくなってきてしまいます。こうしたことにならないためにも、日々の維持管理はしつこいほどしなくてはいけません。マンションの周りの清掃などについては時間があれば常に行うなど、入居される方の印象をよくしておかなければいけません。こうした努力が必要となります。